Skip to content


原発「20〜25%」事実上容認=再生エネ目標見直しが条件―経団連via The Wall Street Journal

 経団連は24日、政府の中長期エネルギー政策で、2030年の総発電量に占める原発依存度「20〜25%」を事実上容認する意見書案をまとめた。再生可能エネルギー導入や省エネルギーの目標引き下げなどの修正を条件にした。また、数年以内に技術革新や再生エネ導入、原発に対する国民の信頼回復の状況などを見極め、政策全般を抜本的に見直すことも求めている。

続きは原発「20〜25%」事実上容認=再生エネ目標見直しが条件―経団連

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.