100ベクレル超す福島産米、国買い上げへ 地域の全量 via 朝日新聞デジタル

農林水産省は29日、1キロあたり100ベクレルを超える放射性セシウムが検出された昨年産の福島県産米について、検出された農家のものだけでなく、その地域で作った全量を買い上げる方針を発表した。旧市町村単位の約70地区が対象。昨年末に公表した方針では、検出された農家のものだけを対象としていた。買い上げ量は、当初想定の約10倍、最大3万7千トン。価格は品種によって異な り、1俵(60キロ)あたり1万2500~1万800円で、費用は計約90億円と試算している。農水省は「全袋の検査をしたわけでなく、流通後に100ベ クレル超過が見つかると地域全体に影響が出ることを考慮した」と説明している。

続きは100ベクレル超す福島産米、国買い上げへ 地域の全量

This entry was posted in *日本語 and tagged , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.