Skip to content


福島原発事故、県内避難の小中学生61%が「放射線気にしてない」via SankeiBiz

東京電力福島第1原発事故で避難し、福島県内にとどまる小学5年と中学2年に対し、放射線を気にしながら生活している かどうか尋ねたところ、回答した225人のうち61%に当たる138人が「気にしていない」と答えたことが18日分かった。「事故後初めて放射線を気にし ながら生活している」が32%、「事故前から気になっていた」が1%だった。調査は2~3月、田村市と浪江、大熊、富岡、楢葉、川俣の5 町、葛尾、川内の2村の協力を得て225人が回答した。「気にしていない」が31%、「自分は気にしていないが家族が気にしている」が30%で計61%を 占めた。一方、「気にしている」と答えた75人に気をつけている点を複数回答で尋ねると「自分の家や周辺の線量」44%、「食べ物」33%、「何に気をつ けていいかよく分からない」25%だった。

続きは福島原発事故、県内避難の小中学生61%が「放射線気にしてない」

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.