Skip to content


原発60年超運転浮上 建て替え見送り延命頼み via 日本経済新聞

政府内で原子力発電所の運転期間の延長論が浮上していることが15日わかった。現在は運転開始から原則40年、最長60年となっている。原子力規制委員会の審査で止まっている期間を除いた「実働ベース」でみる案や、運転期間の上限を撤廃する案などがある。実現すれば事実上60年を超えて運転することになる。建て替えや新設を見送り、古い設備の延命頼みが強まる。

(略)

40年ルールは東京電力福島第1原発事故後の原子炉等規制法改正で導入された。1回だけ最長20年延ばせる。上限を撤廃したり複数回の延長を可能にしたりするには法改正が必要だ。自民党や経済界が求める停止期間を除く場合は法改正は不要とみられる。

40年超の運転すら安全面を不安視する声が多い。さらなる延長を認める場合は安全対策の追加など規制強化との組み合わせを想定する。

全文は原発60年超運転浮上 建て替え見送り延命頼み

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


4 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. freeactivationkeys says

    Wonderful submit, very informative. I ponder why the opposite experts of this sector do not realize this.
    You should proceed your writing. I am sure,
    you have a great readers’ base already!
    tweakbit driver updater crack



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.