Skip to content


原発関連死、7町村で人口1%超 via Reuters

 東京電力福島第1原発事故により避難を余儀なくされた福島県の7町村で、体調を崩すなどして亡くなる災害関連死と認定された人が、人口のそれぞれ1%以上に上ることが16日、共同通信の集計で分かった。東日本大震災発生時は無事だったのに、避難先を転々とするなど生活が一変したことで命を失った人が100人に1人以上の割合でいた形だ。長期化した避難の厳しさがあらためて浮き彫りになった。

続きは原発関連死、7町村で人口1%超

Posted in *日本語.

Tagged with , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. yukimiyamotodepaul says

    こうした時の因果関係はどう証明しているのか不思議です。原発事故と甲状腺がんになると、途端に因果関係の話になるのに。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.