全身のがん調べるPET/CT検査 がんではないのに異常値も via News ポストセブン

「全身のがんをくまなく調べられる」として、がんドックなどで導入されている「PET/CT検査」。がん細胞にのみ吸着する薬剤を注射し、その動きを特殊なカメラでとらえて画像化する。ナビタスクリニック川崎の谷本哲也医師が解説する。

「そもそもPET/CT検査は、健康な人向けではなく、がん患者で治療効果があったかどうかや、再発を早期に同定するための検査です。日本人に多い大腸がんや胃がんなどはとくにPET/CT検査では見つかりにくい。がんではないのに異常値が出ることも多く、放射性物質を体内に入れるため被ばくの問題があるなど、デメリットもある検査です」

続きは全身のがん調べるPET/CT検査 がんではないのに異常値も

This entry was posted in *日本語 and tagged , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.