Skip to content


ザッピング 核の被害、伝えた執念 via 毎日新聞

「執念」という言葉が思わず浮かんだ。BS12トゥエルビで8月に放送され、今月24日午前3時に再放送されるドキュメンタリー「核の記憶 89歳ジャーナリスト 最後の問い」を見た感想だ。1月に亡くなったテレビディレクターの鈴木昭典さんが、南太平洋や日本の被ばく者らを取材した3年間を追う。憲法などをテーマに60年以上ドキュメンタリーを作り、遺作となった仕事の過程を映した。

 ニュージーランドでは、1950年代の英国の核実験に動員されて被ばくし、がんなどに苦しむ元兵士らを取材。衝撃的なのは、元兵士らが染色体異常を起こし、孫が口のない状態で生まれるなど、世代を超えて影響が及ぶ実態だ。54年の米核実験後に生まれた、骨がない赤ちゃんの写真も映す。仏の核実験によるタヒチ島、広島・長崎の原爆での同様の被害も取材する。

鈴木さん自身、がんなどを発病しながら、今も続く核の残酷な被害を伝えた。

続きはザッピング 核の被害、伝えた執念

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.