Skip to content


福島原発の廃炉、視察を疑似体験 東電が動画サイト開設 via 河北新報

 東京電力は廃炉作業が続く福島第1原発の視察を疑似体験できるインターネットサイトを同社ホームページ(HP)に開設した。視察者側から原発構内を撮影した動画を公開。一部の静止画像は360度回転させて見ることができる。

サイト名は「INSIDE FUKUSHIMA DAIICHI~廃炉の現場をめぐるバーチャルツアー」。地図上の視察ルートを選択すると、車内などから見て回る映像が流れる。音声や文字による説明もある。

水素爆発した3号機原子炉建屋の外観を間近で見たり、津波被害を受けず、廃炉が決まっている5号機原子炉建屋内部の様子を確認できたりする。

(略)

東電によると、第1原発には年間約1万人余りが視察に訪れているが、団体などに限られ、一般の個人は見学できない。東電は作業の進行に合わせて映像を更新する方針。

全文は福島原発の廃炉、視察を疑似体験 東電が動画サイト開設

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. yukimiyamotodepaul says

    1年に1万人も視察見学者がいることに改めて驚きました。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.