Skip to content


福島米の英輸出倍増 知事、英仏訪問で合意 via 河北新報

  内堀雅雄福島県知事は27日の定例記者会見で、2018年度の英国への県産米輸出量が17年度から倍増し、約40トンに上るとの見通しを明らかにした。26日までのロンドン、パリ訪問で、英国の輸入会社と輸出について合意した。

輸入会社には22日、全農県本部の担当者と訪問。欧州連合(EU)が昨年12月、東京電力福島第1原発事故後に続けてきた輸入規制の対象から県産米などを外したことを受け、輸入拡大を求めた。

内堀知事は「福島の状況を説明していくことで輸出可能になると希望を感じた」と強調。これまでは放射性物質検査証明書の添付が必要で、17年度の英国への輸出量は約19トンという。

輸入規制では、ロシアが岩手、宮城、山形など6県の水産物の禁輸措置を解除。福島県産も放射性物質に関する追加証明書提出などを条件に輸入を認めた。

続きは福島米の英輸出倍増 知事、英仏訪問で合意

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.