Skip to content


魚から基準超セシウム=福島第1沖、操業範囲外-東電 via Jiji.com

東京電力は3日、福島第1原発がある福島県大熊町の沖合4キロで、調査のため採取した魚「カナガシラ」から1キロ当たり358ベクレルの放射性セシウムが検出されたと発表した。国の基準値(同100ベクレル)を上回るが、漁業者が試験操業を行っている海域ではない。

(略)

仮に200グラム食べた場合、被ばく線量は胸部レントゲン撮影の50分の1に当たる1マイクロシーベルトとしている。

試験操業は第1原発の10キロ圏外で行われている。

全文は魚から基準超セシウム=福島第1沖、操業範囲外-東電

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. yukimiyamotodepaul says

    セシウムしか測らないこともそうですが、いい加減、レントゲン検査(外部被曝)を持ち出す無意味な比較はやめていただきたい。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.