ハゼ科の魚・ヨシノボリから9800ベクレル 福島の生物調査 via msn.産経ニュース

環境省は12日、福島県の河川や湖、海域で昨年12月~今年1月に採取した魚類や甲殻類、昆虫に含まれる放射性セシウム濃度の測定結果を公表した。 南相馬市の太田川で採取したハゼ科の魚「オオヨシノボリ」から、国が定める一般食品の基準値(1キログラム当たり100ベクレル)を大幅に超える1キログ ラム当たり最高9800ベクレルを検出した。

(略)

これまでと同様に、海域と比べて河川や湖沼で高かった。

調査対象は福島県内の河川・湖9カ所と、福島県と宮城県南部の海域3カ所の計12カ所。これらの中で東京電力福島第1原発に最も近い太田川では、フナやウ グイなどからも最高約2千ベクレルを検出した。海域ではいわき市沖のエイの一種コモンカスベから139ベクレルを検出した。

全文はハゼ科の魚・ヨシノボリから9800ベクレル 福島の生物調査

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.