Skip to content


原爆被爆:がん死リスク要因に初期放射線以外の可能性 via 毎日jp

広島大原爆放射線医科学研究所(原医研)の大瀧慈(おおたき・めぐ)教授らの研究グループが、広島で被爆した人ががんで死亡するリスクを分析した結 果、当時10〜44歳だった人は、原爆爆発時に放出される初期放射線の影響を除いても、他の年齢層の人と異なり、リスクが高いことが分かった。被爆による がんの死亡リスクについて国は従来、初期放射線のみが関係するとしてきたが、放射性降下物や残留放射性物質など、初期放射線以外の要因があった可能性を示 すデータという。広島市で2日に開かれる原爆後障害研究会で発表される。

研究では、1970年時点で生存していた被爆者手帳保有者で、被爆時の所在地が分かり、初期放射線によ る被爆量が推定できる約6万4000人分のデータを分析した。初期線量による白血病以外のがん死のリスクを調べると、全体では成人よりも未成年者が大幅に 高く、女性は男性の約3倍高かった。一方、初期線量によるリスクを差し引いて検討すると、爆心から約2キロ以内で被爆した場合、被爆時年齢が10〜44歳 では最大約7%、リスクが高かった。

続きは 原爆被爆:がん死リスク要因に初期放射線以外の可能性

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.