Skip to content


チェルノブイリ27年:ウクライナ各地で慰霊式典 via 毎日新聞

旧ソ連ウクライナのチェルノブイリ原発4号機が1986年に爆発事故を起こしてから26日で27年となり、ウクライナ各地で慰霊式典が開かれた。一方で発生から四半世紀以上がたち、事故が風化する側面も出ている。

事故後に多くの原発職員が移住した北部のスラブチチでは、当時採用していたモスクワ時間の発生時刻であ る午前1時23分(ウクライナ時間同時23分)にサイレンが鳴らされ、集まった市民が花などをささげた。ヤヌコビッチ・ウクライナ大統領もチェルノブイリ 原発で開かれた式典に出席した。

ウクライナではチェルノブイリの事故後、同原発の原子炉4基が閉じられたが、別の原発で計3基の原子炉 を稼働したうえに、火力発電施設が閉じられた。そのため90年はエネルギーの原発依存度が26%だったが、2012年には46%まで上昇した。原子力事業 体が老朽化した原発の耐久年数を延長させる動きも相次いでいる。

続きは チェルノブイリ27年:ウクライナ各地で慰霊式典

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.