福島 大熊町 原発事故の帰還困難区域で初の田植え via NHK News Web

福島第一原発周辺は330平方キロメートルが帰還困難区域に指定されていて、これまで立ち入りが制限がされていましたが、政府はことし3月、一部で規制を緩和し、避難指示を続けながら日中は立ち入りができるようになりました。

このうち大熊町の下野上地区で22日、帰還困難区域での初めての田植えが行われ、町から依頼を受けた農家がおよそ9アールの田んぼに田植え機を使ってコシヒカリの苗を植えていきました。

今回は「試験栽培」に位置づけられ、収穫されたコメは市場には流通させず安全性などを確認することになります。

続きは福島 大熊町 原発事故の帰還困難区域で初の田植え

This entry was posted in *日本語 and tagged , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.