甲状腺がん発症で労災認定、原発事故後 復旧作業に従事 via MBS News

労災が認定されたのは、茨城県にある東京電力の協力会社に勤めていた50代の男性です。厚生労働省によりますと、男性は11年間、放射線業務に携わり、福島第一原発の事故後は電源の復旧作業に従事していて、去年、「甲状腺がん」と診断されました。

累積された被ばく線量は「およそ108ミリシーベルト」ですが、そのうち「100ミリシーベルト」は原発事故後から3月下旬までの量だったということです。

これまでも原発事故後の作業の後、(略)5人が労災認定されていて、今回が6人目です。(12日15:51)

全文は甲状腺がん発症で労災認定、原発事故後 復旧作業に従事

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.