Skip to content


原発事故対応訓練 東電は低評価 規制委「許しがたい」via 毎日新聞

原子力規制委員会は25日の定例会で、昨年度に電力各社と実施した原発の事故対応訓練の評価結果を議論した。東京電力柏崎刈羽原発(新潟県)であった訓練で、東電内部や規制委との情報共有を最低ランクとするなど、東電の評価が低かった。委員からは「福島第1原発事故を起こした東電の評価が低いのは許し難い」など厳しい意見が相次いだ。

 訓練は原子力災害対策特別措置法に基づき、各原発で原則年に1回実施。柏崎刈羽原発の訓練は今年3月、「震度6強の地震で、外部電源を喪失した」との想定で行われた。

 訓練では、事故時の原子炉の減圧方法について、現場と東京の本店との間で作業手順の一部が共有されていなかったり、規制委への報告に時間がかかったりした。原子力規制庁の担当者は「全体的に対応が縦割り」と指摘した。規制委の山中伸介委員は「許し難い。再度評価が低い場合には、訓練のやり直しを求められるようにすべきだ」と批判した。

続きは原発事故対応訓練 東電は低評価 規制委「許しがたい」

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.