Skip to content


福島第一原発の放射性物質の痕跡、カリフォルニアワインから検出 via CNN

研究チームはカリフォルニア産のロゼワインとカベルネソービニヨン種のブドウを使ったワインについて、放射性物質セシウム137の濃度を2009年産のワインと2012年産のワインで比較した。

その結果、セシウム137の濃度は2011年以降に生産されたワインの方が高いことが判明。特にカベルネソービニヨンのワインは、事故前に比べて濃度が2倍に増えていることが分かった。

(略)

放射性物質は2011年に起きた福島第一原発の事故後、太平洋を横断してカリフォルニア州に到達したと思われる。

しかし福島第一原発の事故後に生産されたカリフォルニアワインのセシウム137の濃度は、かつて米国が実施した核実験後とは比べ物にならないほど低い。

米国が1952年に実施した熱核兵器の実験と、2年後の核実験「ブラボー実験」を受け、ワインに含まれるセシウム137の濃度は激増した。キューバミサイル危機のあった1960年代にも再び上昇したが、その後は世界中で大幅に低くなっているという。

全文は福島第一原発の放射性物質の痕跡、カリフォルニアワインから検出

当サイト既出関連記事:

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.