Skip to content


がれき専用列車、運行終了=岩手、宮城の処理にめど-福島は作業に遅れもvia jiji.com

東日本大震災で発生したがれきなどを被災地から東京へ運んでいた専用列車が13日、がれきの減少に伴い、運行を終えた。
[...]
岩手、宮城両県はがれき処理を終えつつあるが、東京電力福島第1原発事故の影響が強い福島県では当面続く見通しだ。
 岩手県陸前高田市と釜石市のがれきを積んだ21両編成の最終列車は東京都品川区の貨物ターミナルに到着し、13日午前、「がんばろう!東北」と書かれた白い専用コンテナが、トラックに積み替えられた。

もっと読む。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. norma field says

    各紙が小さくとりあげているが、ほとんどのものに「福島」は出て来ない。まるで車両に書かれた「がんばろう!東北」のかけ声の対象からも除外されたかのように。もちろん、こうして岩手・宮城両県のがれきには問題がないかのようにも思わせ、「がれき問題」の複雑さを不問に付す報道の姿勢が見える。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.