Skip to content


IAEA調査団にハッキリ駄目出しされた東京電力の危機管理能力〜「東電には不具合を迅速に突き止める能力とそれに対応する能力がない」via Blogos

東京電力福島第一原子力発電所の廃炉に向けた取り組みを調べていた国際原子力機関(IAEA)の調査団(団長はファン・カルロス・レンティッホ核燃 料サイクル・廃棄物技術部長)は22日、増え続ける汚染水の管理が「最大の難題」として、より信頼性の高いシステムを採用するよう求めた報告書の概要版を 日本政府に提出いたしました。

さっそく各メディアが一斉にこれを報道しております。

福島第一「最大の難題」は汚染水管理…IAEA

http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20130422-OYT1T01165.htm

福島第1原発汚染水問題 IAEA調査団、報告書案を政府に提出

http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20130423-00000630-fnn-bus_all

汚染水問題「戦略見直すべきだ」 IAEA調査団長指摘

http://sankei.jp.msn.com/affairs/news/130422/dst13042219500008-n2.htm

汚染水「最大の課題」 IAEA原発廃炉検証

http://www.minpo.jp/news/detail/201304238009

 

うむ、福島第一では、地下水流入で汚染水は毎日400トンずつ増加しています。タンクと地下貯水槽の保管容量は約33・1万トンですが、貯蔵量は 現在で約28万トンを越えており残り約5万トンしか余裕はありません、このうち、貯水槽は、これは地下を掘り込み漏水防止用のシートを三重に敷いているの ですが、汚染水の漏えいが発覚し使用できなくなっております。

(略)

この推測は決して非科学的ではないし、逆に土木工学的には流出が0リットルで全く無いことのほうが考えづらいでしょう。

そして現に海洋環境学を専門にしている大学の教授が、実は汚染水は漏れ続けているのではないのかと、まさにこの問題を科学的に問題提起をしているのです。

全文はIAEA調査団にハッキリ駄目出しされた東京電力の危機管理能力〜「東電には不具合を迅速に突き止める能力とそれに対応する能力がない」

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.