Skip to content


放射線不安解消へ長崎大と連携 福島・川内村に保健師が常駐 via 河北新報

福島第1原発事故で一時的に全村避難し、昨年1月に「帰村宣言」をした福島県川内村と長崎大(長崎市)は20日、復興に関する包括連携協定を締結し、村児童施設「なかよし館」内に同大の活動拠点(サテライト)を開設した。
村は、なかよし館の一室を同大に無償貸与した。同大の保健師1人が常駐して健康相談を受ける。食品や水の放射性物質も測定する。村民の放射線への不安を解消し、帰村を支援する。
協定締結式で、遠藤雄幸村長は「長崎の皆さんが原爆の悪夢をどう克服してきたか学ぶことは多い。復興に何が必要かアドバイスを頂きたい」とあいさつ。

続きは放射線不安解消へ長崎大と連携 福島・川内村に保健師が常駐

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.