Skip to content


福島の土壌から放射能9割減 愛媛大、除染実験に成功 via 中日新聞

 愛媛大の逸見彰男教授(応用化学)のチームが17日、石炭灰を原料にした超微細な穴を多数持つ物質を使い、福島県で土壌の放射能濃度を9割程度減らす実験に成功したと発表した。

逸見教授は「現在の除染方法では農業に重要な表土が失われ、大量の土の処理が必要になるが、こうした問題の解決につながる」としている。

この物質は「NaP1型ゼオライト」で、石炭灰と塩化鉄に水酸化ナトリウムを加えて生成。

続きは福島の土壌から放射能9割減 愛媛大、除染実験に成功

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.