Skip to content


高濃度放射能含む廃棄物“出戻り” 千葉県、保管状況調査へ via MSN産経ニュース

千葉県は29日、野田市の産廃処理業者が放射性物質を含む汚泥を埼玉県内に運び込んで保管していたが、同県の許可を得ていなかったため同市内に戻していたことを明らかにした。放射性物質を含む廃棄物の保管が困難さを増していることが表面化したといえ、千葉県は県内の同業2業者の現状など実態調査に乗り出す方針だ。

 千葉県によると、指導を受けた業者は、汚泥をリサイクル販売する事業を営んでいた。だが今年に入って、処理後の汚泥から1キロ当たり8000ベクレルを超える高濃度の放射性物質が検出されるなどして、販売できなくなった。

続きは 高濃度放射能含む廃棄物“出戻り” 千葉県、保管状況調査へ

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. Danni says

    Wow, thanks for sharing this nice article
    breaking news



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.