避難区域12市町村にウェブカメラ設置へ 福島県 via 河北新報

福島県は、福島第1原発事故で避難区域になった双葉郡など12市町村に計220台のウェブカメラを設置する方針を決めた。故郷の「いま」をインターネット上でライブ中継し、市町村外での避難が続く住民の帰還意欲を保つのが狙い。
[…]
放射線量が思うように低減せず、避難生活が長期化している住民の間では、帰還を諦める声も聞かれる。県原子力安全対策課は「故郷との絆や帰還に向けた意識を維持するため、ウェブカメラを通じて情報を発信していきたい」と話している。

全文は 避難区域12市町村にウェブカメラ設置へ 福島県

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.