Tag Archives: 原子力研究開発機構

もんじゅで新たに点検漏れ見つかる via NHK News Web

およそ1万4000点の機器の点検漏れなどが見つかり、事実上、試験運転の禁止命令を受けている福井県にある高速増殖炉「もんじゅ」で、原子炉を冷やすポンプを動かす機器の少なくとも9点で新たに点検漏れが見つかり、原子力規制庁が管理上、問題があるとみて調べています。 「もんじゅ」を巡っては安全上重要なものを含む1万4000点の機器で、点検漏れなどが見つかり、原子力規制委員会が去年5月、事実上、試験運転の禁止を命令しています。 もんじゅを管理している日本原子力研究開発機構は去年9月、すべての機器の点検を終えたと説明していました。 ところが、原子力規制庁が先月、定期的に実施する保安検査を行ったところ、調査した80点のうち、原子炉を冷やす2次系のポンプを動かす機器の温度計やスイッチなど少なくとも9点で新たに点検漏れが見つかったということです。 (略) また、もんじゅでは点検の記録の実施時期などを修正する場合、報告書を作成し内部の委員会に報告することになっていますが、現場レベルでの修正にとどめていたのが240件余りあったということです。 全文はもんじゅで新たに点検漏れ見つかる 関連記事:「もんじゅ」で未点検機器9件 機構「虚偽報告ではない」via msn.産経ニュース 3月の原子力規制庁による保安検査で明らかになった。原子力機構はこれまで、未点検機器を7346件と原子力規制委員会に報告していたが、計7355件に上ることになった。

Posted in *日本語 | Tagged , , , , , | 2 Comments

東日本大震災:福島第1原発事故 除染モデル実証事業、国などが最終報告 困難さ浮き彫り /福島 via 毎日jp

国 と日本原子力研究開発機構は29日、福島第1原発事故に伴う「除染モデル実証事業」の最終報告を発表した。年間被ばく線量344ミリシーベルトの大熊町夫沢地区では除染後も同50ミリシーベルト超にとどまるなど、高放射線量地域での除染の困難さが改めて浮き彫りとなった。  事業では、警戒区域と計画的避難区域など12市町村を対象に計209ヘクタールで除染効果を検証。3月の中間報告では、高線量地域の方が低減率が高いことが明らかになっていた。  夫沢地区では、宅地周辺で表土除去や高圧洗浄で毎時55・3マイクロシーベルトから毎時14・5マイクロシーベルト(74%)、森林は枝打ちや伐採で毎時136・8マイクロシーベルトから毎時63・1マイクロシーベルト(54%)といずれも大幅に減少したが、依然として年50ミリシーベルト(毎時約10マイクロシーベルト)を上回る。環境省は「除染していない場所の放射線の高さに影響を受ける」としている。 続きは 東日本大震災:福島第1原発事故 除染モデル実証事業、国などが最終報告 困難さ浮き彫り

Posted in *日本語 | Tagged , , , | 93 Comments

放射能汚染水、2年後にハワイ沖へ 原子力機構試算 via 朝日新聞

東京電力福島第一原子力発電所から放出された海の放射能汚染水は、2014年3月には薄まりつつ日本から約5300キロ離れたハワイ諸島近くに到達することが日本原子力研究開発機構のシミュレーション結果でわかった。海水から受ける被曝(ひばく)量は低いという。原子力機構の小林卓也研究副主幹らが原発の放水口付近の海洋での放射能の実測値などをもとに、昨年3月26日以降に直接海に流出した放射能量を推定した。これとは別に、大気から降下した放射能量もシミュレーションで推定した。 試算によると、福島第一原発から海へ直接放出された汚染水の放射能量は放射性のヨウ素とセシウム合わせて計1京8千兆ベクレルに上るという。 続きは放射能汚染水、2年後にハワイ沖へ 原子力機構試算

Posted in *日本語 | Tagged , , , , | 2 Comments