Tag Archives: 人口流出

[放射能」重い足かせ 人口流出…避難長期化、町存続に危機感 via msn.産経ニュース

東日本大震災で被災した沿岸自治体で止まらない人口流出。産経新聞の調査では、いまも放射能への不安や避難生活の長期化が、対策に悩む自治体の重い 足かせになっている実態が浮かんだ。一方、4割近くが現時点では流出傾向はないと回答しており、流出対策の結果は、自治体ごとに大きな差が生じつつあるよ うだ。(1面参照) 「(放射線の)空間線量や原発の安全性の確保ができるか分からない」(福島県富岡町)、「子供を持つ世帯が、放射線量に対する不安から市外に避難している」(同南相馬市)。 東京電力福島第1原発がある福島県では、人口問題の理由に原発事故を挙げる自治体が相次いだ。 町全域が警戒区域となり、住めなくなった町民が分散して他地域に避難している富岡町は「教育、福祉、医療、雇用など十分に対応できない状態で、長期化すれ ば町の存続も危ぶまれる」と危機感をあらわにする。原発が立地する大熊町は「大多数が全国に避難している状況であり、人口流出の傾向をとらえるのは困難」 と、住民の現状把握すら難しい状態だ。 ほかの2県でも人口流出傾向が続く自治体は多く、特に岩手県では、高齢化率が深い影を落とす自治体が多かった。 (略) 同じ被災地でも政令指定都市の仙台市や、同市のベッドタウンである周辺市町では、県内の他市町村から避難した住民らの定住が進み、人口が増加。大都市ならではの特徴も浮かび上がった。 全文は[放射能」重い足かせ 人口流出…避難長期化、町存続に危機感

Posted in *日本語 | Tagged , , , , , , | Leave a comment

原発事故:福島県の人口4万3500人減少 via 毎日jp

福島県では今も、原発事故の深刻な影響が続いている。  2月1日現在の推計人口は198万814人で、事故前(昨年3月1日現在)より4万3587人減少。全国各地に避難者がおり、山形県に最多の約1万3000人が暮らす。  放射線の影響を受けやすいとされる子供たち。1月10日時点で小学生6215人、中学生1755人が県外に転校している。  警戒区域、計画的避難区域、緊急時避難準備区域(昨年9月末解除)に指定された12市町村では、2月時点で計10万1042人が自治体外に避難する。うち8町村は役場ごと外部に移っている。  避難区域の学校のうち、小学校10校、中学校5校が休校中。県内では他に、小中学校35校が他校などに間借りし、13校が仮設校舎で学んでいる。 続きは 原発事故:福島県の人口4万3500人減少

Posted in *日本語 | Tagged , , , , | Leave a comment

福島県が子供たちを避難させない本当の理由 via Urban Pepper

福島県の住人たちは気づき始めました。 自分たちが、人質にされていることに。 人口流出してしまうと税収が減ってしまう この記事は、前の記事-本当は福島県に何人いるか誰も分らない-の中で投げかけた「『人口を流出させないために、福島県に、どんなインセンティブが働いているのか」に対する答えを導き出そうとするものです。 福島県では、9月14日~19日の6 日間にわたって、奥会津、会津若松、猪苗代、郡山、相馬、いわきの6ヶ所で野外ロックフェスティバル・LIVE 福島が行われたのを皮切りに、10月31日には飯坂温泉で、美人コンテスト・アジアン・ビューティー・フェスティバルが開催され、11月13日には、東日本女子駅伝、そして、本日20日には福島県の市町村対抗・ふくしま駅伝と、およそ復興には直接つながるとは思えない派手なイベントばかり行われています。 これらのイベントに、主催、共催、後援として名前を連ねているのが、各自治体、市長会、町村会、教育委員会、スポーツ振興関連団体、そして福島の新聞、ラジオ、テレビ。 中でも、福島民報社は、必ずといってもいいほど、主催者、後援者として名前が挙がっています。 もともと福島県は、東北の政商・小針暦ニの地盤。 続きは福島県が子供たちを避難させない本当の理由  

Posted in *日本語 | Tagged , , , , , , , | 5 Comments