Skip to content


原子炉建屋に出所不明の水流入、ロボットで確認 via Yomiuri online

 東京電力は18日、福島第一原子力発電所3号機の原子炉建屋1階に、出所の分からない水が流入しているのを見つけたと発表した。 午後2時40分頃、「主蒸気隔離弁室」と呼ばれる部屋の扉付近で、水が約30センチの幅で流れているのを遠隔操作のロボットのカメラで確認した。水の出所や放射性物質の濃度は分かっていないが、原子炉を冷却した後の汚染水が漏れ出ている可能性もある。

現場は放射線量が毎時30ミリ・シーベルトと高く、作業員が近づけない。東電は、水は床の排水口から建屋地下へ入り、建屋外には流出していないとみている。

続きは原子炉建屋に出所不明の水流入、ロボットで確認

関連記事:第1原発3号機建屋で漏水確認 冷却水の一部か via 東京新聞

Posted in *日本語.

Tagged with , , , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.