災害がれき:受け入れ風評被害対策で窓口設置…環境省 via 毎日新聞

東日本大震災で発生した災害廃棄物(がれき)を被災県外で処理する広域処理で、細野豪志環境相は1日、受け入れ先自治体での風評被害対策に関する相談窓口を、省内に設置することを明らかにした。

この日、宮城県石巻市のがれき受け入れを検討している北九州市の北橋健治市長から、風評被害対策の陳情を受け、その後の記者会見で公表した。

細野環境相は「風評被害の対応の責任は国にある」とした上で、「(政府全体にまたがる問題だが)広域処理を推進している立場の環境省に一元化した窓口を作る」と説明した。

続きは 災害がれき:受け入れ風評被害対策で窓口設置…環境省

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.