福島第一原発、地下水浄化装置が自動停止 via 讀賣新聞オンライン

 東京電力は16日、福島第一原子力発電所で同日早朝、1~4号機の原子炉建屋周辺の井戸からくみ上げた地下水を浄化する装置が自動停止したと発表した。同日夜には装置の不具合箇所が判明し、運転を再開させた。

 発表によると、同日午前5時18分、装置が自動停止した。警報は鳴らず

(略)

 原因を調査したところ、弁の開閉を検知する部品の不具合で自動停止したことが判明。改善した上、午後9時頃、運転を再開させた。地下水のくみ上げ作業に遅れは出なかった。

全文は福島第一原発、地下水浄化装置が自動停止

This entry was posted in *日本語 and tagged . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.