Skip to content


福島第一原発 廃炉に伴う放射性廃棄物減少へ溶融炉建設の方針 via NHK News Web

福島第一原子力発電所の廃炉作業に伴って増える放射性廃棄物を減らすため、東京電力は新たに、金属のがれきなどを溶かす溶融炉を建設する方針を明らかにしました。

福島第一原発の廃炉作業では、コンクリートや金属のがれきなどの放射性廃棄物が発生していて、ことし3月の時点でおよそ48万立方メートル、10年後には79万立方メートルになる見通しです。

東京電力は、金属のがれきなどを高温で溶かす溶融炉を2020年代の後半に建設する方針を明らかにしました。

[…]

東京電力は、放射線量の低い廃棄物の再利用や伐採した木材を焼却処分するなど、廃棄物の量を3分の1程度に減らす計画ですが、敷地に限りがある中、増え続ける放射性廃棄物の保管や処分方法が課題です。

全文

Posted in *日本語.

Tagged with .


4 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. drift boss says

    あなたの記事は私にたくさんの貴重なデータをもたらしました、感謝の負債は並外れた共有のためです。 私は定期的にあなたの次の投稿に戻りますので、親切にそのような有用なデータを提供し続けてください。

  2. freeactivationkeys says

    Wonderful submit, very informative. I ponder why the opposite experts of this sector do not realize this.
    You should proceed your writing. I am sure,
    you have a great readers’ base already!
    diskgenius professional crack



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.