Skip to content


プレスリリース:福島県飯舘村に住む伊藤さんのお話を7言語で公開「被ばくのリスクは一切語らない」「本当に腹立たしい限りですvia FoE Japan

国際環境NGO FoE Japanは、NGOピースボートの協力のもと、福島原発事故の今を伝える動画を多言語で順次公開しています。

 今回は福島県飯舘村の”農民見習い”の伊藤延由さんの声をまとめた映像を英語、フランス語、中国語(繁体字・簡体字)、韓国語、ドイツ語、スペイン語の7言語に翻訳して公開しました。インタビュー映像を多言語に翻訳するのは、これで8作目になります。

 「2010年、1年だけ農業やるんですよ。米8トンも取れて。だから私『農民見習い』になっているんです」と語るのは福島県飯舘村に住む伊藤さん。

 伊藤さんは飯舘村や国の政策について、「被ばくのリスクは一切語らない」「本 当に腹立たしい限りです」

と憤ります。今も線量の高いのにも関わらず、認定こども園が新設されるなど、飯舘村の複雑な問題を抱えているそうです。ぜひ、伊藤さんの話をおききください。

各言語の動画はこちら(8分45秒)

英語 https://youtu.be/jpkzQnei7kE

フランス語  https://youtu.be/hTmh4XRzuyY

韓国語 https://youtu.be/9d7Q-9MWrQQ

繁体字 https://youtu.be/O3Ag0RbqPk8

簡体字 https://youtu.be/cThf7oxK5V0

ドイツ語  https://youtu.be/qdrCCDC6_RE

スペイン語  https://youtu.be/3F2LgmGhYa0

日本語 https://youtu.be/H1Jtebz09Dw

「見える化プロジェクト」その他のインタビュー(日本語)は こちら

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.