Skip to content


「被ばく受けた」争点の裁判結審 via NHK福島News Web

[…]

原発事故が起きた当時、県内に住んでいた子どもやその親など160人は、事故のあと被ばくを避ける対策が取られなかったため、精神的な苦痛を受けたなどとして、国と県にあわせて1580万円の損害賠償などを求めています。
28日、福島地方裁判所で開かれた27回目の審理で、原告団の今野寿美雄団長は「事故当時から現在に至るまで、行政の誤った対応などにより、無用な被ばくを受けることになった。原発事故から9年以上が過ぎたいまでも、多くの親たちが子どもたちの健康に不安を抱いている」と訴えました。
これに対し、国と県は「無用な被ばくをさせたとの事実はない」などとして、訴えを退けるよう求めています。
およそ6年にわたって行われた審理は28日で終わり、来年3月1日に判決が言い渡されることになりました。

全文とヴィデオ

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.