Skip to content


福島・妊産婦への“原発”調査 「影響認められず」終了へ via FNN

福島県は、妊産婦への福島第1原発事故の影響を調べる調査について、2020年度末で終了する方向で検討していることがわかった。

この調査は、福島県が、県内で母子健康手帳を受け取った妊婦や、生まれてきた乳児に対する原発事故の影響を調べてきたもの。

これまでの調査の結果、流産や早産、先天奇形などの発生率は、全国の傾向と同じだったことから、専門家からは、「原発事故の影響は認められない」との意見が出されていた。

続きは福島・妊産婦への“原発”調査 「影響認められず」終了へ

Posted in *日本語.

Tagged with , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. yukimiyamotodepaul says

    影響が認められるようだ、という名古屋大学の研究は「科学的でない」あるいは、ニュースに大きく取り上げられないままで、「影響がない」研究は証拠が曖昧でも政策に反映されるというのは、全く納得がいきません。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.