【東京・4月21日】講演会原発事故から8年 「福島における小児甲状腺がんの多発」via Kirishin

チェルノブイリ子ども基金、未来の福島こども基金主催
4月21日(日)後7時~、ココネリホール(練馬区立区民・産業プラザ3階、東京都練馬区)。講師=崎山比早子(医学博士)。定員300人。800円(予約)、1000円(当日)。予約受付は4月18日(木)後3時まで。03-6767-8808(チェルノブイリ子ども基金)。

チェルノブイリ原発事故から33年。被災地では次世代の子どもにも健康被害は続いている。一方、8年が経過した福島原発事故もいまだ収束していない。事故現場は危険にあふれているというのに、政府は有害無益な除染を行い、避難指示を解除、20mSv帰還対策を強行している。小児甲状腺がんが数十倍に多発していても被ばくとの関係は考えにくい、という。

続きは【東京・4月21日】講演会原発事故から8年 「福島における小児甲状腺がんの多発」

This entry was posted in *日本語 and tagged , , , , . Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.