Skip to content


原発事故後の牛肉出荷制限 解除を申請 栃木県 via NHK News Web

(抜粋)

栃木県産の牛肉は現在も出荷制限が続いている品目の1つで、県が実施する全頭検査を経て出荷されていますが、この検査で安全性が確認できたとして、県は20日付けで国に解除の申請を行いました。

県によりますと、原発事故から5か月後の平成23年8月に全頭検査を開始して以降、基準値を超えた牛は1頭もないということで、国は近く指示を解除する見通しです。

栃木県は解除後も1年間は消費者への安全性をPRするため全頭検査を継続する方針です。

牛肉は、福島県、岩手県、宮城県でも出荷制限の指示が続き、全頭検査を行ったうえで出荷されています。

全文は原発事故後の牛肉出荷制限 解除を申請 栃木県

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.