Skip to content


原発被害者の苦悩 via 毎日新聞

[…]

想定外の爆発は衝撃的で、健康被害を恐れて福島県外に逃れた人も少なくなかった。事故後の福島県の調査で甲状腺がんが確認された子どもは160人以上。同県HPによると、震災と事故による県外避難者は最大時6万2831人。今も約3万2600人が避難を続けている。

大阪で母子避難を続ける森松明希子さんもその一人。原発被害者訴訟の原告として「放射線被ばくから免れ健康を享受する権利」が侵されたとし、「避難の権利」も主張している。だが、とりまく状況は厳しい。国連でも窮状を訴えるなどしてきたが、被ばく回避を考えることを「放射脳」と揶揄(やゆ)されるなど、日本ではモノ言えぬ空気が強まっているという。

全文は原発被害者の苦悩

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.