Skip to content


「原発再稼働許さず」廃炉目指しデモ 柏崎で集会 via 新潟日報

県内外の反原発団体による「なくそテ原発2018柏崎大集会」が16日、柏崎市文化会館アルフォーレで開かれた。約千人が参加し、東京電力柏崎刈羽原発の再稼働を許さず廃炉実現に向けて運動を進める、とする集会宣言を採択した。

県内外の18団体で構成する実行委員会(植木史将実行委員長)の主催。原発ゼロ・自然エネルギー推進連盟の吉原毅会長が「原発ゼロで日本経済は再生する」と題して講演した。

(略)

本県での脱原発の進め方については、農地の上で太陽光発電を行う「ソーラーシェアリング」を推進し、柏崎刈羽原発と首都圏をつなぐ送電線を活用して、電気を売る事業に取り組むことを提案した。

集会後、参加者は「柏崎刈羽原発の再稼働反対」を訴え、市内をデモ行進した。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.