Skip to content


福島第1原発事故 月内にもヒラメ、試験操業を再開 県漁連 /福島 via 毎日新聞

県漁業協同組合連合会(県漁連)は24日、いわき市で開いた会合で、7月下旬から自粛していたヒラメ漁の試験操業を再開する方針を決めた。放射性物質検査で県漁連が独自に設けた出荷基準値を超えたため漁を見合わせていたが、県による約1カ月間の検査で不検出だった。組合長会議を経て月内にも漁を再開する

 県漁連は、国の基準値(1キロ当たりの放射性セシウム100ベクレル以下)より厳しい基準値(同50ベクレル以下)を設定。7月20日に、いわき市沖のヒラメから59ベクレルが検出された。ヒラメは東京電力福島第1原発の港湾内から移動してきたとみられ、県漁連は港湾内に魚が入らないよう対策の強化を東電に要望した。

(略)

県沖のヒラメは「常磐もの」として人気が高く、2016年9月に漁を再開した。

全文は福島第1原発事故 月内にもヒラメ、試験操業を再開 県漁連 /福島

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.