Skip to content


測定装置代を求め東電提訴 福島のコメ卸組合 via 東京新聞

 福島県でコメの卸販売を行う組合が、東京電力福島第1原発事故を受け、コメの安全性を証明するために放射性物質測定装置の購入を余儀なくされたとして、東電に代金計約834万円の支払いを求め、福島地裁に提訴したことが21日分かった。

(略)

原告は福島第一食糧卸協同組合(福島市)。訴状によると、2010年度には約2万7千トンを販売していた。原発事故後にコメの安全性への問い合わせが殺到。組合は11年12月、独自判断で測定装置を2台購入した。

福島県が全ての県産米の放射性物質を調べる「全量全袋検査」は12年産米から始まっており、当時は実施されていなかった。

全文は測定装置代を求め東電提訴 福島のコメ卸組合

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.