Skip to content


豪華な声優陣…福島県の農産物PRアニメが話題 1カ月で260万回再生 via 産経ニュース

福島県が製作した県産農産物のPRアニメ「食べちゃったっていいのにな!」が話題だ。東京電力福島第1原発事故による風評払拭に苦悩する中、あえて「安心・安全」は使わず、農産品の良さや魅力をさりげなくアピールする内容に、「キャラクターがかわいい」「福島の食べ物が気になる」など、アニメファンの評価も高い。動画投稿サイト「ユーチューブ」にアップして約1カ月、視聴累計は260万回超で、海外からのアクセスも多く、手応えを感じた県は、新たな展開を検討している。(内田優作)

製作費に5千万円

製作費に5千万円をかけたアニメは全5話で、1話約5分。県や県内金融機関のアニメCMなどに携わった「福島ガイナックス」(同県三春町)が手掛けた。ハッピーアイランド(福島)にある「ふぁぁむ学園」で、県産米「天のつぶ」や桃、梨、キュウリ、川俣シャモ、ナメコなどの“妖精”たちが、県産農産物のおいしさの秘密や品質の良さ、セールスポイントを学ぶ設定だ。

(略)

アニメでは『安心・安全』とは一言もいっていない。風評払拭には、県産農産物を手にとってもらうことが大切。だから、質の良さを強調した」と鈴木課長。

(略)

「福島のいま」を国内外に発信するため、アニメは英語、中国語、仏語、スペイン語の字幕をつけた“外国語版”も配信。反応は上々で「フランスからのアクセスは70万回程度」(農産物流通課)という。

全文は豪華な声優陣…福島県の農産物PRアニメが話題 1カ月で260万回再生

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.