Skip to content


九電、6年ぶり社長交代発表…原発全4基の再稼働にめど立ち via 産経ウエスト

九州電力は23日、瓜生道明(うりう・みちあき)社長(69)の後任に、取締役常務執行役員の池辺和弘(いけべ・かずひろ)氏(60)を昇格する人事を発表した。管内で再稼働を目指していた原発4基全ての再稼働のめどが立ったことで経営を刷新する。6月下旬就任予定で、社長交代は6年ぶり。

(略)

3月に再稼働した玄海原発3号機(佐賀県玄海町)で起きた蒸気漏れトラブルの再発防止に向けては「緊張感をもって仕事に取り組み、信頼してもらうようにしたい」と強調した。

瓜生氏は代表権のある会長に就く。貫正義(ぬき・まさよし)会長(73)は相談役に退く見通し。

瓜生氏は玄海3号機の再稼働前日に当たる3月22日に社長へ抜擢(ばってき)する人事案を池辺氏に伝えたと明かした上で「今後の難局を乗り越えられる人材だと判断した」と理由を説明した。

全文は九電、6年ぶり社長交代発表…原発全4基の再稼働にめど立ち 

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.