Skip to content


虫や植物…「森林除染」影響は 福島・小鳥の森で研究結果発表 via 福島民友

 福島市小鳥の森のレンジャーやボランティアガイドが22日、福島市小鳥の森ネイチャーセンターで講演し、原発事故に伴う森林除染が虫や植物に与えた影響について研究した結果を発表した。

小鳥の森レンジャーの五十嵐悟さんは、小鳥の森の線量低減化活動(除染)が行われた地域で、ミミズやムカデなどの土壌動物の生息状況の変化を調べた。結果、土壌動物は線量低減化活動で一時的に多様性の低い状態になったが、比較的短期間で元の状態に戻ったとみられることが分かった。移動能力が強い種類が生息する場所が近くに残っていたので、回復が早かったのではないかと考察している。

小鳥の森ボランティアガイドで福島大共生システム理工学類客員研究員の猪狩資子さんは森の植物への影響について発表した。除染の作業は里山の利用に伴う作業と似ていて、里山の植物に壊滅的な影響をもたらすものではないと推測。

続きは虫や植物…「森林除染」影響は 福島・小鳥の森で研究結果発表

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.