Skip to content


福島産農産物は安全、米でシンポ 風評被害を払拭しようと via 東京新聞

【ワシントン共同】東京電力福島第1原発事故の風評被害を払拭しようと、福島大と東京大の研究者らが20日、米首都ワシントンでシンポジウムを開いた。福島大の小山良太教授は放射性物質の検査データや検査態勢を示しながら福島県産の農産物は安全だと訴え、正しい理解を求めた。

(略)

東京大大学院の関谷直也特任准教授も「事故直後は放射性物質による汚染がひどかったが、今は空間線量が低減している」と説明した。

全文は福島産農産物は安全、米でシンポ 風評被害を払拭しようと

関連記事:

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.