Skip to content


福島第一で作業員が内部被曝 汚染水タンク解体時 via 朝日新聞

 東京電力は8日、福島第一原発で協力会社の30代男性作業員が内部被曝(ひばく)する事故があったと発表した。被曝量は今後50年で最大0・01ミリシーベルトと見込まれ、体内に入った放射性物質は多くないとみられるが、作業方法に問題があったとみて調べるという。

東電によると、作業員は8日午前6時半~同7時50分、かつて高濃度汚染水をためていたタンクの解体を3人態勢で行っていた。午前8時20分ごろ、作業後の検査を受けたところ、鼻の内側に放射性物質による汚染が確認された。

作業は全面マスクをして行っていたが、鼻の内側で放射性物質が検出されたことから、体内に取り込んだと判断したという。作業員は体を除染する処置を受けた。

[…]

 

全文

Posted in *English.

Tagged with , , .


One Response

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.

  1. nfield says

    こうした報道からは作業員の内部被曝が極めて例外的なものに思えてくる。常識的に考えても、ありえない。



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.