Skip to content


環境相が福島県知事と会談 中間貯蔵施設整備などで連携確認 via NHK News Web

中川環境大臣は4日、就任後初めて福島県を訪れ「安心して暮らせる環境の整備に全力を尽くしたい」と述べ、除染で出た廃棄物を保管する中間貯蔵施設の整備や廃棄物の搬入などについて地元自治体と連携して取り組む考えを示しました。

(略)

この中で中川大臣は「福島の復興は道半ばであり、中間貯蔵施設の用地の取得は順調とまではいっていないが、着実に進んでいるのも事実なので、安心して暮らせる環境の整備に全力を尽くしたい」と述べました。

これに対して内堀知事は「復興は着実に前進しているが、原子力災害への対応は現在進行形で有事だと感じている。中間貯蔵施設の整備や帰還困難区域の再生、野生鳥獣対策など、環境省と密接に関わる問題に対し、力添えを頂きたい」と述べ、中間貯蔵施設の整備などについて連携して取り組むことを確認しました。

会談のあと中川大臣は記者団に対し「廃棄物を減量して再生利用できるものはして、最終的に処分する量を減らすことが大事だ」と述べ、安全に処理する技術開発をしたうえで廃棄物を再生利用することに国民の理解を得ていく考えを示しました。

Posted in *日本語.

Tagged with , , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.