Skip to content


福島県産モモ輸出70トン設定 全農県本部、タイとマレーシア中心 via 福島民友

全農県本部は本年度、旬を迎えた県産モモの輸出量を昨年度実績約27トンの2.6倍となる約70トンに設定した。

輸出国は実績のあるタイとマレーシアを中心に交渉を進めている。輸出量の増加と輸送コストの低減化を図り、生産者の所得向上を目指す。

JAグループ福島が26日までに示した。船便でモモを輸出するに当たっては、コンテナ内部を低温・低酸素状態にして鮮度を保つ「CAコンテナ」を活用して取扱量の拡大を図る。

続きは福島県産モモ輸出70トン設定 全農県本部、タイとマレーシア中心

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.