Skip to content


避難者の悩み複雑・多様化 福島・被災者支援会議で報告 via 福島民友

 震災と原発事故の避難者を支援する団体の意見交換を目的に福島県社会福祉協議会が開いている「県被災者生活支援調整会議」は24日、福島市で会合を開き、昨年度の活動実績などを報告した。要援護世帯への訪問活動で最も多かった相談内容は「日常生活」で、全体の32%を占めた。

約100人が出席、自治体の社協の担当者や支援団体、県などが現状を報告し、情報を共有した。県社協の担当者は避難者が抱える悩みについて報告した。

震災から7年目に入り、アルコールや金銭など悩みは複雑・多様化、支援の必要性は高まっていると指摘。

世帯分離に伴う単身高齢世帯が増えるなど高齢者のストレスも大きく、地域との交流も課題となっている。

続きは避難者の悩み複雑・多様化 福島・被災者支援会議で報告

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.