Skip to content


柏崎市長 原発再稼働の条件として一部の廃炉要請へ via NHK News Web

新潟県にある柏崎刈羽原子力発電所6号機と7号機の再稼働をめぐり、柏崎市の桜井雅浩市長は25日、東京電力の社長に対し、再稼働の条件として1号機から5号機のいずれかを廃炉にする計画を策定するよう求めることになりました。

東京電力が再稼働を目指している柏崎刈羽原子力発電所の6号機と7号機をめぐっては、地元、柏崎市の桜井雅浩市長が1号機から5号機のいずれかを廃炉にするという条件付きで再稼働を容認する考えを示しています。

桜井市長は、こうした考えを直接、東京電力に伝えるため、25日、小早川智明社長と市役所で面会し、1号機から5号機のいずれかを廃炉にする計画を今後2年以内に策定するよう求める方針です。

(略)

一方、桜井市長が一部の原発の廃炉を求める背景には、解体や設備の除染などの作業に地元企業の参入を促し、地域経済を活性化したいという狙いがあるものと見られます。

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.