Skip to content


福島原発訴訟、那覇で報告会 「公正判決求め」署名17万筆 via 沖縄タイムス

福島地裁で10月10日に判決が言い渡される東京電力福島第1原発事故を巡る「生業(なりわい)を返せ、地域を返せ!」福島原発訴訟(生業訴訟)の報告会が16日、那覇市内であった。原告団の服部浩幸事務局長は、同地裁に公正な判決を求める署名が全国各地から約17万筆寄せられていると説明し、「全ての被害者を救済するために、さらに声を広げていきたい」と語った。

訴訟は国と東電に対し、原発事故の責任追及と原状回復、被害者の要求制度化を求める内容。原告団は約4千人、沖縄支部団は避難者ら約65人が名を連ねる。

福島県在住の服部事務局長は「原発被害をなかったことにする動き」に危機感を覚え、訴訟の傍ら署名活動や意見広告、経済団体との意見交換を通じて認知度を高めてきた経過を報告。「原告だけでなく、支援者や世論の力が不可欠」と訴えた。

続きは福島原発訴訟、那覇で報告会 「公正判決求め」署名17万筆

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.