Skip to content


つらさや悩み、経験伝え合う 福島避難者と水俣病被害者が交流会 via 新潟日報モア

東京電力福島第1原発事故の影響で福島県から避難する人たちと新潟水俣病被害者による交流会が15日、新潟市北区の県立環境と人間のふれあい館で開かれた。ともに国や原因企業を相手取り、損害賠償などを求めて提訴した共通点があり、新潟水俣病訴訟の原告らが原発避難者訴訟の原告に経験を伝えた。

交流会は新潟水俣病共闘会議が企画し、3回目。約20人が参加した。

避難者は「母子避難しているが、夫の理解がなくつらい」「精神的なつらさをどう訴えていくべきか」といった悩みを語った。水俣病被害者は「裁判を続ける中で、以前に比べて水俣病への偏見は少なくなった。行政が差別をなくす働き掛けをしたことも大きい」などと述べ、被害を訴え続けていくことの重要性を指摘した。

全文はつらさや悩み、経験伝え合う 福島避難者と水俣病被害者が交流会

Posted in *日本語.

Tagged with , , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.