Skip to content


福島の仮設住宅で暮らすおばあさんの忘れられない一言…被災地で瀧内公美が感じたこと via シネマトゥディ

(抜粋)

 今回新たにタッグを組んだのは、『さよなら歌舞伎町』『ヴァイブレータ』などで知られる福島県出身の廣木隆一監督。監督の処女小説を映画化した本作の舞台は、震災から5年がたった福島。瀧内演じるヒロイン・みゆきは今も仮設住宅に暮らし、平日は福島県いわき市の市役所に勤め、週末は高速バスに乗り込み、あるアルバイトのために東京・渋谷に上京する……という物語で、劇中には霊感商法や保証金をパチンコにつぎ込む人々など、ロケハンや撮影中に聞いた実話も盛り込まれている。

(略)

「福島出身ではないわたしがこの題材を表現することができるのか」と感じていた瀧内は、監督の「これは福島だけの話じゃない」という言葉に背中を押されたと明かす。そんな思いを胸に、瀧内は実際に仮設住宅を訪ねた。「もちろん映画のために聞かなきゃいけないことはある。でも表現者として、人を傷つけてまで聞き出すようなことはしたくはなかった。だからとにかく通い詰めて、その場に馴染(なじ)むことに徹しました」。

 そうやって場所に馴染(なじ)んでいった瀧内。あるときの帰り際には、仮設住宅に住むおばあさんから手を握られ「瀧内さん、もう帰っちゃうの? とにかくうそをつかないで生きてくださいね」と言われたことがあったという。「そう言われた時にすごく戦って生きてきているんだなということがヒシヒシと伝わってきたし、いろんなことがあってもすごく真っすぐなんだなと思いました。だから言葉で聞いて答えを求めるんじゃなく、そこで感じたことでみゆきの気持ちに近づけた感じですね」。

(略)

映画『彼女の人生は間違いじゃない』はヒューマントラストシネマ渋谷、新宿武蔵野館ほか全国順次公開中

Posted in *日本語.

Tagged with , .


0 Responses

Stay in touch with the conversation, subscribe to the RSS feed for comments on this post.



Some HTML is OK

or, reply to this post via trackback.